Diary 2018. 5
メニューに戻る
5月24日 (木)  素朴に美味しいドレッシング

ダイエットしていて、サラダはほぼ毎日食べてます。
基本的にキャベツだけなのですが、そのキャベツだけを飽きずに食べれるドレッシングが見つかりました。

結局、ピエトロに行き着く。

実はゴマドレが好きですが、毎日食べるには飽きるのです。
カロリーも高いしね。

色んなドレッシングを空になっては次々試しましたが
結局、ピエトロ!

パンチが効いたのが欲しいとか思う日もありますが
飽きずに食べれるのは、結局、ピエトロ。

コスパもだいたい300円前後で、量的にも多め。
最強だなと、最近思うのです。

ドレッシングとして飽きたら、そのままパスタソースになりそうだし、いいと思う。


5月21日 (月)  日焼け止め。

昨日は、いつものフリマに来て下さった方々、ありがとうございました。
また来月も雨天で無ければ、頑張ります。(たぶん)

日焼け止め、塗っていくことをすっかり忘れました。
縫うほうの道具と材料は、ちゃんと携帯していったのに。

−−−−−

昨日の収穫は、今作っているバッグのマチ布と裏地布とパイピングや持ち手に使える布、3種が決まって購入出来たこと!!

ハギレにいらんことをして、バッグを作り始めてしまったGW・・・。

やっと土台の汚い茶色に合う色が見つかったぜ。
いやいや、茶色というより、なんでラメを使ったか?そこが問題だ。

ラメってカッコイイけど、毎回使ってて思うけど、ラメほど色を落ち着かせるのは難しい。

そのラメを何とかするのに、ずっとマチと持ち手とパイピングに合うものを探していました。
「今日、ここになかったら来週は京都だな」と、お金の無駄遣いを覚悟していました。

だがしかし、「イタリア展か…。なんかハギレでもないか?」と大都会のパラダイスである天満屋に入り込む。

イタリア展の催事で、赤牛チーズを食べて変な顔になりつつ(チーズ好きだが濃すぎた)
生地を持って来ていたお店があったので、テーブルクロス等々の残骸らしきハギレ1500円が並べられた中から、1枚だけこれが良いかもなーというものを見つけ出した。

百貨店だというのに、裁縫袋と化した紙袋の中から、土台を出して商品の生地と合わせ始める変な人となる。

渾身の一枚?となるかは分からんけど「まあコレかな」と、1枚見つけました。

そして、5階に降りて、大都会に唯一?あるらしいホビーラホビーレへ再び行ってみる。(実は最初に来た)

ほんわかした優しい色合いのホビーラの色が、どう考えても私の作風に合うわけがないんだけども。。。
念のため、カッコイイものが都会から運ばれてきたかもしれない!と思って、小さな店舗ブースをチェック。

そしたら、あったがな!!
渾身の緑色!!!!!
「私が求めていた緑はコレよ!!!このツヤ!」
そう、サテン生地ほどツルツルしてなくて、ベロアみたいに起毛してない光沢感のある生地で少ししっかり目の生地が欲しかったのです。

なかなか無いから、京都まで出かけてなかったら染めるか塗るかしか無いかと一か八か考えていた。

探せばあるもんだな〜と値札を見ると、結構可愛くない値段・・・失言。
百貨店ですからね。ホビーラホビーレですからね。
当たり前ですよね。1メートル5000円ほど。

ここで、その緑に合う裏地になりそうな綿生地も発見。これは普通の値段。

とりあえず必要な用尺だけ買ったが、それでも5000円を少し超えた。

「今までだったハギレで作ったのに、可愛くない値段の毛糸で色々作ったじゃないか」と、ここは投資だ!と、それらにぶっ込む。

5000円のバッグを天満屋に売っているかは知らないが、たぶん完成品を買った方が幸せになれるような気がするけど、私は3点の生地が買えて満足♪

・・・という話を、今日、同じ本業の業界でキルトが趣味のご婦人に話したら
「私には考えられん。5000円、高い」と笑われました。
「まあ、賞金で取り返せたら御の字ですが、これ賞金にならなかったらバカやってるよなーと笑うしかないです」と言ったら、お互いに笑うしかなかった。

・・・それに、今作ってるバッグもそもそもコンテストに出すかすらわからない。。。
(だって、タペストリー頑張れって話だものね。箸休めに作り始めたら止まらなくなってる)

渾身の1個のバッグを作るために、実は結構材料費ってかかってしまう。

なので、いつものフリマは材料費を出すために今はやってるようなものですね。

−−−−−

あるところで目にした話。
「寄贈していた作品を何年後かに返しますって手元に戻ってきた」という話を。
結局、その話を最後まで読むと廃棄されちゃったってことみたいなのですが・・・。

それを読んで、しばらく考えてしまった。

私、物作りを趣味としている割に結構冷たい人間なので、寄贈しようとか思った事が無い人だったりする。
・・・というのを前提に。
でも、1回だけ田舎の図書館でフリマをやって、いっぱい売れたお礼にお金を寄付したことはあります。「新しい本を買って下さい」という意味で。

寄贈って、難しいと思うんだ。

心を込めて作っていたりするわけでしょう?

私は物作りを趣味にしている割に、人として冷たい人間なので、寄贈って・・・と思ったりする。
それなら、作品を作って売って、それを寄付した方が…と思ってしまう。要はチャリティーってことですかね。

最近、寄贈ではないけどプレゼントでも考えてしまいますから・・・。
「売ってる物より、私が作った方が上手いわよ」と思ってしまうが、私が作った物が素晴らしいという人ばかりでは無い。
売るほうがいいというのは、お金という対価で欲しい人が買ってくれるわけだから、そっちのほうが遥かに商品として売られた作品を大切にしてもらえる。

お金でなくて、無償譲渡というか無償で寄贈された物を大事にしてもらえるかというと、それは難しいと思う。

私のように物作りを趣味としていても、冷たい人間もいる。
物作りをしない、ミシンって何よ?編み物なんて手編みなんて…って一般の人に、その素晴らしさを理解せよといっても、押しつけでしかない。

心を込めて作っているなら、尚更、無償で人にあげるという行為は、本当に難しいなと思う。
無償で貰われたものを大事にして下さる人ばかりじゃないので・・・。

世の中、うちのお父ちゃんみたいに何を作ってあげても喜ぶ人ばかりじゃないですからね。

・・・余談ですが、うちのお父ちゃんは明日の阪神の試合に
「負けが込んでる阪神、気が悪い」というわりに、コスプレの準備に余念がない。
黄色イエロージャージに自作でミシン刺繍データを作ってアップリケ刺繍しているものを着て、下は・・・半ズボンが寒いかも・・・と考え中。
半ズボンも、かわいい生地で自作したものを着てくれている。
世の中、そういうやつばかりなら、ほんと楽なのですがね。
近所のおばちゃんが作ったキーホルダーでも、喜んで使うお父ちゃん。
アホなお爺ちゃんにしか見えないが、そこだけ良い人だなーと思う。


5月19日 (土)  悩ましい。

明日の「いつものフリマ」は、ちゃんと晴れるので行きます!
午前10時頃から午後2時半か3時ぐらいまで、いつもの骨董屋さんの前にいます。

−−−−−

悩ましい。

GW辺りから、ふつふつっとその辺にあったハギレでバッグを作り始めたのはいいのですが・・・。

土台を作って、暇をみて素材を作って
常に最近は持ち歩いてます。
(思いついたときに、ファスナーとか裏地を発掘したいから)

この間、お客様に「これ見て」と見て頂き
アイデアを頂きました。

確かに、その一言のアイデアは、ごっつ面白いと思うんです。

・・・ただ、スクエアをテーマにして作ったところに合うのかな?と、どこにデザインの着地点を持っていくか考え中。

確かに、頂いたアイデアは忘れないようにメモして書き残すほど面白いし、たぶん完成したら誰もが驚くデザインのアイデアだと思うんだわ。

うーん、どう作ろうかな?

元々、幾何学だったところにモチーフ入れるのって、どうしたらいいんだと悩み中。



5月19日 (土)  嗚呼…しくじった。

朝、忘れないようにメールしなきゃとメールしたら、しくじった。

全員toに入れてしまったよ・・・・・・・
すみません。
ほんとは、みなさんbccに入れて送るべき所を。。。

みんな優しいから、どやさないよね?


追伸。
どやされるどころか、優しく慰めてくださった。
なんと優しいチームの皆様なのだ。


5月18日 (金)  ジムのマシンで走って思うこと。

ジムのマシンで走ってると、テレビがお友達だったりします。
スマホでネット見たいけど、走ってると見れないし
無料Wi-Fiがあるけど大抵大人数ですから繋がりません。
少ない日曜は繋がるけどね。
そんなわけで、ジムにスマホは万歩計代わりに持ってますが、ほとんど万歩計だな。

ジムのマシンを使って走って思うのは、
テレビがお友達!!

マシンに一台なので、某スポーツクラブのみんなで一台ではないから、好きなものが観れる。

地上波とBSだけですが、時間帯にもよりますが
日曜日がテレビが一番退屈する。

そして、遅くならないと観ませんが
午後9時からのEテレの今日の料理が一番落ち着いて走れます。
あとは、釣りバカ日誌とか洋画があればいいの。

残念ながら、よほど遅い日の木曜でないので
すてきにハンドメイドは観られません…。

教養的な内容が一番落ち着くね。

あと、意外と周りの人のテレビを見ると
阪神率高いのは…まあ、それはそれ。
健康番組を見てる人が割といる。
やはりジムは健康に気を付けてる人が多く来るのかな?

だいぶ走れるようになりましたが、あくまでもマシンの上。
アスファルトの上だと、ペースが分からないから、即走れなくなるかも。
今とっても欲しいものは、ランニング用の時計。
ペースとか出てくる?よくわからないが距離も出るのがいい。

なので、アップルウォッチもいいなーとは思いますが高いからなあ。


5月17日 (木)  慣れるもんだね。

ダイエットするのと、体力作りを兼ねて
毎日ノルマとして1時間、ジムで走っていますが
足って慣れてくるものですね。

最初の一ヶ月は、本当に「これ。足壊れるんじゃないか?」とケガなのか、膝の痛みなのか、とにかく変な違和感がしていた。

だが、過去にスポーツをやっていた事もあって
言い方が宜しくないが、目の前で靱帯損傷を何回かみたり、自分が捻挫(捻挫で良かったね)していたこともあり、本当に痛かったら『その場で固まる』という事がわかっていたので
「まあ、とにかく走っちゃえ!」という・・・
大変、あまり人にお勧めできない感じで、毎日走っていた。

幸いにも、ケガは今のところ無い。

違和感だったのか?最初1ヶ月ほど感じていた微妙な痛みや怠さも、足が慣れてきたのか
結構へっちゃらで走れるようになってきた。
スピードも、少しづつではあるが速めれるようになった。
なので、最近は7qまで1時間の中で距離を伸ばせるようになった。

わーい!やっぱり手芸と一緒で、やれば出来る子だったんですね。

そんなわけで、当選しないと思うが
興味が薄かった岡山マラソン5qの部に応募してみた。
たぶん、当たらないと思う。
・・・むしろ、こんなところで運を使うのももったいない。

ただ、結構走れてきたのでヒトケタ距離のマラソンにはいつか出てみたい気分ではある。

とりあえず、肺活量をもっと増やして、呼吸が楽になるように。
そして、足が痛くなくなってきたこともあり、晴れ間があったら書写山でも行ってこようかな、山登りの練習に。

そんなわけで、一ヶ月の中にホルモンバランス?の関係で、停滞する時期はあるものの、毎日とにかく1時間頑張ることを続けて、ようやく走り始めた日から5s減った!!
・・・それでも、まだまだなんですけどね。

毎日、とにかく走ることを続けていて、思うことがいくつかあるんです。

ダイエットもそうだけど、他のこともそうで
「自分の力を信じて、自分に負けないようにやる」
これしかないんだよね。結局さ。

ただね、自分を信じることで思うのが
自分が自分を裏切らなければ、自分は裏切らないからね。
ここ、結構深いと思うぞ。

ぺーぺーのおデブが言うのもなんですが、縫い物が上達するのも、「やるぞ!」とか「負けない」とか、とにかく自分を持っていないと。

ダイエットする理由は、最終的には自分の為だけど、きっかけは書けないが・・・
一言でいえば「不純な動機」ではあります。

たまたま一言が闘争心に火を付けてしまった?
(それが1時間走るだけでいいのか?とも思ったりもするが…)
闘争心に火が付いてはいるが、やっぱ心はそれでも弱いから
イラっとしたり、なんだかな〜って思うときもある。
別に誰が悪いわけでも無くて。

ダイエットと縫い物を一緒にする考えもどうかなとは思うが、車以外の他の物を我慢して、やたら材料や道具にお金をかけてきた。
(・・・それでも、私は少ない方の部類です。)

周りを見たら、ジムでも美人で細い人も居るし
街を歩けば美人で細い人も居るし・・・
なんていうか、勝手に複雑な気持ちになるわけです。

でもさ、先にも書いたけど「負けない」って
心のどこかに思っていたら、きっと勝てると思う。
勝ち負けでは無いんだけどね。
それでも、私のような性格だと、それが逆に原動力になると思う。
気持ちが凹む時もあるけどね。

話が少しそれるけど、ブランド品は素敵だと思うけど、私には高くて買えないです。
だからこそ「世界に1つ」を作るために、自分でバッグなどを作ってしまう。
1つしか、とりあえず作らなければ、誰ともかぶらない素敵な物ができる。

・・・結構、材料費かかってますが。安物バッグは軽く買えるかもと思うときは無きにしも非ず・・・。

すごくイイモノが自分の手から出来た時、
めっちゃ爽快感があるから、たぶん続けるでしょう。

その物作りでも、本気でやれば結構苦しむのですが、ダイエットも運動することを毎日続けるのだから苦しい。
でも、目標達成したら、たぶん爽快なんだろうなーと思って、今はとにかくやるだけよ。

−−−−−

駄文を思うがままに書きましたが
まあ・・・今作ってるものが、なかなか手刺繍が終わらない。
だって、ミシンでポーチとか作ってると、帰宅後に手刺繍する時間が取れず、休憩中にやってるので終わらない。

パーマンにでてくるコピーロボットが欲しい。


5月11日 (金)  禁断症状??

いっぱい持ってるから、別に禁断症状ではないと思うけど、それなら欲求不満なのかな?

夕べ見た夢が、ミシンを買う夢だった。

なんかね、なぜかベルニナみたいな外観の
なぜかジャノメのミシンを買っているという夢だった。

なんか講習会か何かに出ていて「これいいよ!」とか言われて、気がついたら「そうですかあ〜買っちゃおうかな」と言っていた。

・・・気をつけよう。
ありがちなパターンだよ、この展開。

さすがに、これ以上は増やしてはいけないという気持ちはあるんですよ。ミシンを。
だが、最近ミシンを買ってないなー(買う必要性が無いわな)と、たぶんどこかで思っているのでしょう。

まあ、買ってくれるなら喜んで貰いますよ!
でもむしろ他に欲しい物はあるので、別にミシンじゃなくてもいい。


5月10日 (木)  写真って難しいなあ。

勢いで撮れる動物の撮影とかじゃないから、
写真が難しい・・・と悩む。

昨晩は、10個ぐらい作品のタイトルを紙に書きましたよ。
10文字?12文字?何文字でいいかって悩むのです。
長すぎず、かつ、タイトルで分かりやすく。

写真もね、大抵は2枚しか一次では見て貰えないので、その2枚とタイトルでいかに「ほほーん」と思って貰えて、二次行きの中へ入れて貰えるか。
そこが悩むわけです。

これも楽しみの1つに思えるようになるまで、何回書類を出したら良いのか・・・
最近やっとです。

それでも・・・同じように入賞とは限らないし・・・と思ってる。

それにしても、今書いてる作品。その書類。
『シーラカンスとモンガラカワハギ』と違って
「魚のバッグ作りたいんですぅ〜」という感じで作ってない作品だと、本当に毎回タイトルを付けるのが難しい。

そもそも、夢中で作ってるからなあ・・・。

そして、タイトルを付けて迷っている。
写真、正面写真はいいと思うけど、細部写真をこのまま使おうか、別のにしようか考えてしまう。

−−−−−

ちなみに、余裕ぶちかましているように思われるけど・・・
ちゃんと縫い物はやっています。

それが、人前に出せるかどうかは分からないけど。

そのかわり、タペストリーが小休止してる。
それ、おえんが。


5月9日 (水)  とりあえず元気?

今朝は、とりあえず母ちゃんは起きられるようになった。
気になる畑には出かけて、苺を採ってきてくれた。

運動不足というのもあるんでしょうね。
お医者さん曰く「首から上の体操をしたほうがいい」と言われたそうです。

首から上の体操って大事。
私も首をぎっくり腰みたいに、ぎっくり首になったことがある。
肩や首を軽くゆっくり動かすように日頃からしておかないと
突然固まることがある。
いわゆる、首の捻挫というものらしいが・・・本気で首の捻挫をやったら、大変生活に支障が出る。

話は脱線するが、本気で首の捻挫をしたことがあるだけに
私は事故で首が痛いとか、打撲なんですぅ〜という痛そうに見えない嘘くさい嘘が嫌いなのです。
本当に痛い、困ってる人も居るから、それはそれで病院に行くべきだと思います。

でもね、悲しいからに前にも書いたかもしれませんが、嘘っぽい事故の被害者っているんです。
第三者の私には何も言うことは出来ませんが、
みんなが困ったときのための保険の仕組みですから、困ってるなら請求するべきですが
困っても無いのに嘘っぽい痛みを主張する人が、ごく希にいらっしゃる。
ほんとね・・・もうそういうのは、勘弁して欲しいってつくづく思う。
本気で首を捻挫したら分かりますよ。
ホントに動けないから。

話は元に戻して・・・。
そんなわけで、母ちゃんが起きて動けるようになったので、今日からは普段通りに走りに行けますわ。

猫までが「母ちゃん、心配」といって、ずっと見張っていたらしい。
いつもなら、父ちゃんところにも遊びに行くのに
ずっとトイレも布団も猫が見張っていたらしい。

猫よ・・・
母ちゃんが倒れていたら、どうするつもりだったのだろう?
私に電話でお知らせしてくれるのか?
一応、父ちゃんに「みゃーみゃー」と泣いてお知らせに行くのだろうか?

母ちゃんを見張り続ける猫をみた兄が
「わしわし」といって近づくと「おめーうっとぉーしーんじゃ」という目でウザがる猫。

とりあえず元気らしい。

−−−−−

今日は晴れた。

雲もあるから、撮影しにくいけど
まだ時間が少しあるので合間をぬって
作品の写真取りだけはしておきました。

写真で一次は決まってしまうので、難しい。
プロにお任せも考えたが、プロに任せたときは作品も未熟だったこともありますが
一次すら通過しなかったので、自己責任で自分で撮影しました。

お客様に撮影しているのを見られてしまいましたが
「インスタあげたい!」というので
「コンテスト前なので、ちょっと今回はゴメンナサイ」しましたが
大変素敵でアートだと褒めて下さいました。

アート・・・ではないと思うけど
それと、そんなにクソむずかしい事はしていないのですが、褒められると嬉しい。

ブランド物を買うお金がないので、立体縫製が好きと言うこともあり
バッグ作りが好きだったりします。
たぶん、お金があったらここまで上手くなろうとしてないでしょうね。

それに「これ良い!」って作品を作るのに、次はそれを超えられるかというと、なかなかそうなるかは難しい。

有り難いことに、表彰式に行かせて貰える機会があって「次もココに来られるかな」「絶対次も来る」って思うけど、ほんと次に繋げるのって、結局は自分の底力、持久力だと思う。

もちろん、周囲の方々の協力なしでは、ここまで出来なかったのです。


5月8日 (火)  お土産のお菓子を頂く度に

「食べた分、走れば良い」と、なんかよく言われるのは気のせい?

いや、そうなんですよ。
食べたら走ればいいんです。




しかし、今日は走っている時間なし。

実は母ちゃんが「気分が悪い。朝ご飯の用意が出来ない」という恐ろしいことをいうのです。

母ちゃん、そのまま寝込んでしまったのです。

持病があるのから心配ですし、朝ご飯の用意して
兄ちゃんが「病院に連れていけ」というので、会社に行く前にかかりつけ医に放り込んできました。
看護師さんに「くれぐれも宜しく」と、お医者代も預けてきましたがな。

そんなわけで、お洗濯もしなきゃいけないので
とっとと洗濯機をまわして、干したけど干しきれないものは、乾燥機があるコインランドリーへぶち込んできました。

幸いにも、ほんわかしてる会社なので
母ちゃんの回収にも行かせて貰えるので良いのですが・・・。
(今のところ、父ちゃんは自力で帰ってこれるので大丈夫)

お医者さん曰く「三半規管からくる目眩が吐き気をおこしてる感じ」という。
とりあえず、死にゃーせんというので、おうちに連れて帰っておきました。

あとは、父ちゃんにメモを渡して「買い物に行ってこい」と言付けましたよ。

今日は、歯医者さんにも行かなければならないので、走る時間なしって感じです。

考えたら、世の中の共働きの兼業主婦いや、それだけでなく専業主婦の皆さん、エライね。
たぶんキルト作品作ってるママさんで、しかもつとめにも行ってる人だと、ほんといつ作っているんだろう?と思う。

母ちゃんが数年前に入院したときも大変だったが、母ちゃんが寝込むと私にしわ寄せがくるので・・・うむ。兄ちゃんがちょっとでも家事が出来るようにしとかんとなあ。
最近は、スーパーでお買い物してくるのは出来るようになったが・・・。

次にリフォームした時は、絶対自動食器洗い機を買おうと思う。


| 1 | 2 |
2018/5
SuMoTuWeThFrSa
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

前月     翌月